女性の中イキについて ~その3~

書いた人: 夫

夫です。
女性の中イキについて第3回目となります。前回の記事で中イキできないケースを下記のように分類しました。

1. そもそもイクという感覚がわからない
 ・性的なことに興味はあるがイケない
 ・性的なことに興味がないし、イキたいとも思わない
2. クリトリスではイケるが中ではイケない

今回は 2. クリトリスではイケるが中ではイケない 場合にどのようにして中イキを目指すかという内容です。

クリイキから中イキへのステップ

 

 

クリトリスで既にイクことができている女性であっても、中イキできるようになるためにはかなりの時間を要します。男性の早漏を治すのと同じように数カ月はかかると思って臨んだ方がよいと思います。

協力する男性も長い目で見て、二人で大きな目標に向かって少しずつ歩んでいくという意識を持っていただければと思います。初めて女性が中イキした時には大きな達成感が得られ、二人の信頼関係はより強固なものになるはずです。

中イキできるようになるまでのステップとしては下記4点です。

①膣内で快感を感じられるようになる
②女性が中イキしても大丈夫と思える信頼関係を作る
③クリトリスを触りながら膣内も刺激してイク
④クリトリスを触らずに膣内の刺激だけでイク

①膣内で快感を感じられるようになる

女性の中イキについて ~その1~ の中でも書いたように膣内でイクということは人間が子孫を残していく上では不要であるため、クリトリスに比べて膣内でイクことが難しいのです。膣内は出産の痛みにも耐えられるよう、クリトリスよりも鈍感に作られています。

よって膣内でも快感を感じられるように、前戯を入念に行って身体全体を興奮させ敏感にする必要があります。前戯については別の記事を参照下さい。

前戯によって身体の準備が整ったら、ペニスをゆっくりと挿入します。この時、膣内で快感を得ることができない女性も「もしかして膣内って気持ちいいじゃないかな?」という前向きな気持ちを持って下さい。

また、男性は挿入と同時に女性の準性感帯や性感帯を愛撫しましょう。無理な体勢は女性側もリラックスできなくなる可能性もあるため、挿入した体位のまま可能な範囲で問題ありません。女性の脳に挿入中も気持ち良いのだとすりこむことが目的です。

挿入中が気持ちいいのだと脳が認識できるようになってくれば、同時に膣内の快感を感じる機能も発達していきます。

また男性は挿入時はゆっくり優しくを心がけ、無理に膣内をこすろうとしないで下さい。女性側が膣内を気持ち良いと感じられれば勝手に気持ち良い部分をペニスに当てようとしてうごめきます。こうすることで、女性側が自分にあった快感ポイントを発見できるようになります。

②女性が中イキしても大丈夫と思える関係を作る

女性の中イキはクリイキとは違う感覚といいます。高い所から落ちるような、どこかに連れ去られてしまうような、そんな例えをよく見ます。我々男性ではわからない感覚なのですが、一つだけ言えることは女性が初めて中イキの入り口にたった時、とてつもなく不安を覚えるということです。

「自分がどうにかなってしまうのではないか」という感覚を覚えた時に、女性がパートナーを信頼できていなければ、次の大きな一歩を踏み出すことができません。

我々男性にできることは、女性がこのような不安を感じながら中イキに臨んでいるということを理解し、どうにかなったとしても(例えおしっこなどをもらすことになったとしても)必ず受け止めるということを伝え、少しでも不安を取り除いてあげることだと思います。

中イキまで後一歩と思える地点まで到達したならば、言葉だけではなく手をぎゅっと握ってあげたり、強く抱きしめてあげたり、不安を取り除けるような行動も大切です。

③挿入しながらクリトリスを刺激してイク

普段、クリトリスでオナニーをしている女性が、ペニスを挿入しながらイクということは、身体の中に異物を入れながらイクという違和感を覚えるそうです。この違和感に慣れるために、ペニスを挿入しながらクリトリスを刺激してイクということを行います。挿入しながらイクことに慣れるためです。

ペニスを挿入している男性が女性のクリトリスを触るということは体勢として少し無理がありますので、クリトリスの刺激は女性側が行った方が良いと思います。また、クリトリスを刺激している際に挿入中のペニスをひっかかないよう女性は注意して下さい。

なお、ペニスに装着できるバイブもあります。そちらを使えば、ピストン運動と同時にペニスに装着したバイブが勝手にクリトリスを刺激してくれますので、中イキの手助けをしてくれます。下記に当商品をレビューしている記事もありますのでご参考下さい。

TENGAの充電式バイブSVRを購入してみた(夫記事)
tengaSVR使ってみた(妻記事)

これらの行為は、挿入によって快感を感じイクことができるのだということを脳に覚えさせる役割も果たします。

④クリトリスを触らずに膣内の刺激だけでイク

①~③ができていれば、いよいよクリトリスを触らずに膣内の刺激だけでイクことに挑戦します。しかしいきなりクリトリスへの刺激無しに膣内だけでイクというのはハードルが高いため、イキそうな一歩手前でクリトリスの刺激をやめて膣内だけでいく、ということをまずは目指します。

それができたら、次はイキそうな二、三歩手前でクリトリスの刺激をやめて・・・といった具合に徐々にステップアップし、最終的にはクリトリスを触らずにイクことを目指します。

クリトリスをイク直前まで触ってイクということは、いわゆるクリイキに該当するわけで中イキとは別になりますが、これを繰り返すことで膣内の快感を感じる機能が発達し、膣内にペニスを挿入したままイクという行為に慣れていきます。

女性が自身の膣内のどこが感じるか、どこを刺激されればイキやすいかということを覚えることができれば、後は挿入での中イキを目指すのみです。

 

上記内容が中イキまでのステップです。繰り返しになりますが、中イキできるようになるまで長期戦です。男性は長い目で見て女性に協力し、女性はたくさん協力してくれた男性に気持ち良い前戯を行ってあげるなど、お互い良い関係を築きながら中イキに挑戦していきたいものですね。

以上、少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

 

夫のブログ次回(ペニスは大きい方が良いのか? その1)

夫のブログ前回(女性の中イキについて ~その2~)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
大人のおもちゃ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。