女性の中イキについて ~その2~

書いた人: 夫

夫です。
前回に引き続き、女性の中イキについてです。女性が中イキできない原因として考えられるのは、おおまかに分けて下記の3点です。

①そもそも女性側が中でイクという感覚がわからない
②女性側は中でイク感覚を知っているが、男性側の前戯が下手で、中でイケる程身体が興奮状態にならない。
③女性側は中でイク感覚を知っているが、男性側が早漏で、中でイケる所までピストン運動が継続できない。

②が原因の場合、男性側が前戯のテクニックを向上させ、女性の身体を中でイケる程興奮させることができるようになる必要があります。前戯について書いた記事が6つあるのでそちらを参照して下さい。下記記事より5回にわたって書いています。
前戯について ~基本的な考え方~

③が原因の場合、男性側が早漏を克服する他ありません。早漏の治し方について書いた記事が3つあるのでそちらを参照して下さい。下記記事より3回にわたって書いています。
早漏の治し方 ~肉体的要因から見た克服方法1~

今回は①について書いていきたいと思います。

まず前提として

 

 

私はセックスについて様々な書籍を読んだり、インターネットで調べたりということをしていますが、女性の中イキについては様々な方が様々な見解を出しておられ、何が正しくて何が正しくないのかということがはっきりしない所があります。

恐らくは皆さまおっしゃられていることは正しく、つまりは女性も人それぞれ中イキのポイントとなるところが異なるのではないかと思うのです。性癖というものが個々によって大きく変わるのですから、感じ方にも個性があるのは至極当然のことかもしれません。

よって、ここでは「膣内のこの部分をこすればよい」「刺激方法は押すようにすればよい」「最初にクリトリスを刺激しておけば中イキしやすい」といった具体的な手段については触れない方向でいかせていただきます。

むしろ、女性個人個人が「自分はどのようにすれば中イキしやすくなるのか」というポイントを見つけられるようになるための記事を書きたいと思います。男性目線からの記事ですので、パートナーを中イキさせてあげたいという男性の参考になればよいと思います。

女性側が中でイクという感覚がわからない場合

冒頭で挙げた①~③の中イキできない原因の中で最も多いと思われるのが、そもそも女性側が中でイクという感覚がわからないケースです。このケースをさらに下記のように分類します。

1. そもそもイクという感覚がわからない(クリトリスでも膣内でもイったことがない)
 ・性的なことに興味はあるがイケない
 ・性的なことに興味がないし、イキたいとも思わない
2. クリトリスではイケるが中ではイケない

また、妻の記事でも女性がセックスでイク為のステップとしてこの内容に触れていますのでご参考下さい。

1. そもそもイクという感覚がわからない

そもそもイクという感覚がわからない(クリトリスでも膣内でもイったことがない)というケースは稀なのではないかと思います。

女性に対し「オナニーをするか(したことがあるか)」を問いにしたアンケート調査はインターネットで調べただけでも数多くあります。それらのアンケート結果を見ると、オナニーをする女性の比率は低いもので70%程度、高いもので90%程度でした。これらの差はアンケートの対象や調査法による差異であると思います。

オナニーをするにもかかわらずイケない女性はごく少数であると予想されますので、おおよその女性はイクという感覚がわかるのではないでしょうか。

・性的なことに興味はあるがイケない

しかし、それでもイケない女性がいる場合、性的なことに興味があるのであれば、まずはオナニーによってイクという感覚を掴んでもらう他ありません。自分でもイケない女性が、他人にイカせてもらえるなどということは空想の世界の話です。

男性ができることとしては、女性のオナニーを手伝ってあげるということが一番良いです。女性自身は指でクリトリスを刺激し、男性は女性の乳首や乳房を刺激してあげるという形ですね。

初めてイクという未知の感覚にチャレンジしている女性は不安を感じていると思いますので、安心感を得られるように男性は身体を密着させ、手を繋いであげるのも良いでしょう。しかし、最もイクためのポイントとなるクリトリスは女性自身が刺激するのが良いと思います。男性はクリトリスをどのように触れば気持ち良いかということをダイレクトに感じることができないからです。

女性がオナニーでイケるようになるための具体的な刺激方法について、参考になる書籍がありましたので紹介させていただきます。電子書籍です。

 

体勢などは図解がないため若干わかりづらい点もありますが、女性がイクためのメカニズムが筋肉の収縮や緩和、血行などから非常に論理的に細かく解説されており、イケるようになるためのエクササイズについても記述されています。

・性的なことに興味がないし、イキたいとも思わない

そもそも性的なものに興味がなく、イキたいとも思はない女性も存在します。これは非常に難しいケースです。男性側も性的なことに興味がないという稀有な場合はカップルとして成り立ちますが、そのような男性を私は見たことがありません。

男性が性的衝動を我慢して付き合いを続けていくのも、女性側が一方的に男性の性的衝動を満たすだけの関係になるのもお互い不幸なのではないかと思います。

お互いがセックスで満足できるようになるのが最も良いかと思いますが、そのための男性からのアプローチとしては、下記のようなものが考えられます。

・男性の本能的に備わっている性的衝動について説明し、可能であればお互いにセックスを楽しめる関係になりたい旨を伝える。
・自分の性的衝動を満たすためでなく、相手にも喜びを感じてもらいたい旨を伝える。
・女性側が性的行為に興味を持てるためのきっかけを二人で探す。

繰り返しになりますが、この状況は解決が非常に難しいと思われます。女性側が性的なことに興味が持てない理由も様々あり、時には専門医によるカウンセリングなども必要なケースもあるかもしれません。

私の上記安易なアプローチでは解決しない場合がほとんどかと思われます。しかし、本心をお互いにさらけ出して話し合いを続け信頼を構築する他、私には思いつきません。

長くなりましたので、2. クリトリスではイケるが中ではいけない については次回に書かせていただきます。

 

夫のブログ次回(女性の中イキについて ~その3~)

夫のブログ前回(女性の中イキについて ~その1~)

 


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
オナホール2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。