私たちのセックス遍歴 (1)

書いた人: 妻

 こんばんは、すっかり涼しくなりましたね、瑞谷です
 たまにはまともなことも言います。

 自己紹介には簡単に私自身のこれまでのことを書いておりますが、もっとちゃんと書く場を設けてもいいのではないかと思い、このカテゴリを作りました。

 細々とよくわからんことを書いているのはどんな人間なのだ? ということをより知って頂けたら、特別な人間ではない普通のカップルがここまでやってきたということをお伝えできれば、より身近に感じて頂けるんじゃないかと思いまして、取り留めないことをポツポツと書いていきたいと思います。

 

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

私たちのセックス遍歴 (2)

書いた人: 妻

 私たちのセックス遍歴 (1) の続きです。

 

 お付き合いから半年ばかり経った頃でしょうか、低用量ピルを二人で検討し服用をはじめました

 これはとても大きな契機になったと思っていて、妊娠への不安解消も当然ですけれども、月経の重さ、憂鬱さ、そして性交時のコンドームによるひきつれというか、痛み、違和感それら全てがなくなったことが、私自身にとってはとても大きなことでした。

 

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

私たちのセックス遍歴 (3)

書いた人: 妻

私たちのセックス遍歴 (1)
私たちのセックス遍歴 (2) の続きです。

 付き合い始めて6年が経過した頃に結婚しました。

 結婚初年度だったでしょうか、ある日のセックスで妙にノリの良い時がありまして、なんだか気持ちが初心に戻ってピュアな感じだったというか、何をされても気持ちがいい、クリトリスを触られる前からバルトリン腺液が溢れんばかりで、太ももを開けば文字通り「膜」が張り、まるでペペローションをぶちまけたようになっていました。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

私たちのセックス遍歴 (4)

書いた人: 妻

私たちのセックス遍歴 (1)
私たちのセックス遍歴 (3)
 の続きです。

 

もちろんここまですんなりと来れたわけではありませんでした。

 「もうセックスなんかしたくない」と思ったこともあるし、言ったこともあるし、初期の僅かの期間でしたが何をされても痛く感じるようになった時もありました。

 また、別の感情として「誰か別の練習用の人を用意して、その人で準備万端にちゃんとイケるようになってからしたい……」みたいに思っていたこともあります。
 それはなんというか、相手に嫌な自分、上手くいかない自分、落第生的な自分を見られたくない、見せたくない、普通の人以上にしんどい思いをさせたくない、というような感情でした。
 でもそれは後になんの意味もない感情だということに自分で気付きます。

 

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ