【男性向け】緊張の初体験、注意したいこと 2

書いた人: 夫

夫です。
前々回に引き続き、初体験の際に注意したいことを男性向けに書きたいと思います。前回はデートからセックス終了までの流れをおおまかに追っていきました。

今回はセックスの始まりから終わりまでをもう少し詳細に書いていきたいと思います。初体験の時は抱き合ってキスをして、その後どうしていいかわからないという方もいらっしゃると思います。そのような方に参考にしていただけると幸いです。

セックスの流れに入るためには

 

 

ホテルや自宅で彼女と二人っきりになったとしても、どうやってセックスの流れに持っていけばいいか、初めての時は戸惑うものです。

抱き合ったり、キスをしたりというのはセックスを前提としていない場面でも十分ありえます。明らかに「これからセックスをするのだ」という流れにするには、抱き合ってキスをしながら、彼女の胸やお尻を触ることから入るのが良いでしょう。

勿論緊張の初体験、注意したいこと1で書いたように、手順を踏んでホテルや自宅まで来ているのであれば、お互いにセックスを意識しているとは思います。さらにそこを具体的にして「今からしよう」という意思表示が胸やお尻へのタッチですね。具体的に「いい?」と言葉で確認しても良いでしょう。

さて、抱き合ってキスをして胸やお尻を触って、この後どうするんだろう?と思う方もいらっしゃるかもしれません。ここからは彼女の身体がセックスをするための準備が整うよう、愛撫していくこととなります。すなわち前戯ですね。

皆さまご存じのとおり、ペニスを膣内に挿入するためには、女性を「濡れている」という状態にしなければなりません。つまり、相手の身体を興奮させるよう舐めたり触ったりしていくということです。

前戯に入るにあたって

彼女がまだ服を着ている状態であれば、それを脱がしましょう。興奮しているかもしれませんが、急いで脱がせようとしたり、力任せに引っ張ったりすることがないよう十分に注意してください。

彼女側も服を脱ごうとしてくれると思いますので、それにあわせてゆっくりと脱がせれば良いです。焦る必要はありません。

ブラジャーをはずす所が一番苦労すると思います。一般的に背中側にホックがついていますが、フロントホックといって、胸側にホックがついているケースもあります。ホックのはずし方がわからなかったら、素直に彼女に聞いた方がよいです。

また男性の皆さまは、女性の胸をアダルトビデオなどで目にされる機会が多いと思います。アダルトビデオで見る女優さん達の胸はとても大きく、形も非常に整っています。そういう方を選んでスカウトしているか整形しているかいずれかと思いますが、女優さん達の胸は世間一般的な胸ではありません。

そういう胸に慣れてしまっていて、彼女の胸が期待より大きくなかったり、形がそれ程整っていなかったりと感じてしまうこともあるかもしれませんが、それが普通なのです。アダルトビデオの女優さん達の胸を基準にしないようにして下さい。

パンツも脱がせて彼女が全裸になったら、彼女をベッドもしくは布団に寝かせ、前戯を開始します。部屋の室温などにもよりますが、彼女の下半身部分には布団をかけてあげた方がよいでしょう。身体の冷えを防ぎ、布団の感触が彼女に安心感を与えてくれます。

いよいよ前戯開始

前戯のテクニックは色々ありますが、初体験なのです。そんなに色々考えなくても良いし、気負わなくても良いです。ここでの目的は、彼女が心地よく興奮してくれて、「濡れている」という状態にすることです。

「彼女をイカせてあげないといけない」と思っていらっしゃる方は、そのお気持ちはずっと持っていていただきたいのですが、やはり初めてでは難しいです。ここでは彼女が「濡れた」状態になれば大成功です。

最初は準性感帯への愛撫から

いきなり乳首やクリトリスを触ったり舐めたりすることなく、まずは準性感帯(「唇」「耳」「首」「背筋」「二の腕」「乳房」「脇腹」「腰からお尻にかけて」「お尻の穴の周囲」「太もも」「膝裏」)を愛撫することから始めます。

触り方としては唇でなぞるように触れていけばよいです。時には舌を使ってなめても良いでしょう。片手で十分に自分の身体を支えられるのであれば、空いている手も一緒に準性感帯をなぞるように触れば良いです。

ただ初めての時は唇・舌と手を両方使うのが難しいかもしれません。その場合は、唇・舌だけ、片手だけの愛撫で十分です。

また初めての時はどのくらいの時間、前戯をすればよいのかわからないと思います。相手次第の所もありますので、何が正解ということはありません。よってここでは目安として、準性感帯への愛撫を5~10分とします。

緊張で時間の感覚がないかもしれませんので、それ程細かく気にしなくてよいです。あくまで目安です。

いよいよ性感帯への愛撫

準性感帯への愛撫をおおよそ5分~10分行ったら、次は性感帯です。まずは乳首を舐める所から始めれば良いでしょう。どのように舐めればよいかとあれこれ考える必要はありませんが、強く舐めないようにという所だけ意識しておきましょう。

ここも何が正解ということはありませんが、時間の目安としては5~10分です。そして次はクリトリスへの刺激です。クリトリスを舐めるのはいわゆるクンニと呼ばれますが、クンニされるのが嫌いな女性もいます。

彼女が強く抵抗するようであればクンニはやめて指での刺激にします。自分の唾液と彼女が濡れていればその愛液を活用し、指をぬるぬるにしてクリトリスを軽くマッサージするように刺激してください。

彼女がクンニされるのを嫌がらなければ、軽く足を開いてもらって、クリトリスから膣口にかけて舌と唇で刺激します。

唇での刺激は自分の髭が彼女にあたってしまわないかという点を注意したい所です。上唇の真上や下唇の真下、唇の左右の端にある髭は剃り残しが多いため気をつけましょう。自分の手の甲に唇を押しあてて動かした時、髭があたらないか試してみるのもいいかもしれません。

最初からクリトリスを直接舐めるのではなく、まずはクリトリス周辺を軽く刺激する所から入って下さい。そして徐々にクリトリスへの刺激に切り替えます。時間としてはここも5分~10分くらいを目安にしてください。

ここまでの過程を経て、彼女が十分に濡れていれば前戯終了です。

彼女が濡れなかったら?

上記手順を踏んでも彼女が濡れていないケースというのも考えなければなりません。彼女が濡れていなくても落ち込まないで下さい。あなたが悪いわけではありません。

彼女が濡れていないと次に進むことが難しいので、ここでは「どのようにすれば気持ち良いか」彼女に聞いてみるのが良いと思います。そしてできる限り彼女の希望に沿うようにして引き続き前戯をしてあげて下さい。

彼女への前戯が終わったら

 

 

次はあなたが前戯を受ける番となります。一般的に男性側が受ける前戯と言えばフェラチオになります。しかし、フェラチオに抵抗のある女性もいるということも覚えておいて下さい。彼女もセックスが初めてであれば、なおのことそういった可能性があります。

ペニスは見た目グロテスクで、尿が出る場所であり、また汚れが溜まりやすい場所でもあります。衛生面が気になる女性もいます。よって、男性側としてできることはしっかりと綺麗にしてセックスに臨むことです。

フェラチオを拒否された場合、ショックを受けるかもしれませんが、彼女が悪いわけではありません。そういったケースでは手で刺激してもらうことで良いと思います。その後ずっとフェラチオしてもらえないことが不満の場合は、次回以降に解決していけばよいのです。

いざ挿入

まずはコンドームをつける

さて、お互いへの前戯が終わり、挿入の準備が整ったらまずはコンドームをつけます。コンドームの付け方はコンドーム付属の説明書にのっていますので、デート前に読んでおきましょう。1回は実際につける練習もしておきたい所ですね。

コンドームをつけたらいよいよ挿入です。最初は正常位が良いでしょう。

【レビュー】薄いコンドームの使用感を比較してみた

ペニスを挿入する

意外によくある話なのですが、挿入しようとしても上手く入らず、そうこうしているうちにお尻の穴の方に挿入しようとしてしまっているということがあります。

焦らず彼女の反応を見ながらゆっくりと膣に挿入します。絶対注意しなければならない点は、「ゆっくりと」ということです。女性の膣口付近には小陰唇と呼ばれる皮部分がありますが、ここを巻き込まないように注意して下さい。

ゆっくりとペニスを挿入したら、いったんそこで止めましょう。彼女も初めてなら痛みがあって当然ですが、そうでない場合、痛みがないか確認して下さい。痛みや違和感があれば、いったんペニスを抜いて彼女に確認しながら再度挿入すればよいでしょう。

ピストン運動

痛みがなければピストン運動を行います。ピストン運動が上手くできなくても焦らないで下さい。最初から違和感なくピストンできる人もいれば、どうしてもぎこちなくなってしまう人もいます。これは慣れによっていずれ解消されます。

正常位でピストン運動を行いながら彼女と抱き合ったり、キスをしたり、触れ合いを楽しめると良いですね。そのような余裕はないかもしれませんが、せっかくの初体験なのでなるべく楽しんで欲しいと思います。

射精

ピストン運動をしているうちにいきそうになってきたら、そのままコンドームの中に射精します。できれば彼女にもイッて欲しいと思うのが人情ですが、初体験から挿入で彼女をイカせるということは非常に難しいです。

彼女には申し訳ない所ですが、今後の自分のテクニック向上を誓いながら、そのまま射精して下さい。射精し終わったら、なるべく早く膣からペニスを抜いて、コンドームをはずします。

なるべく早く、というのに決まった時間はありませんが1分以内には抜きたい所です。ペニスを挿入したままにしておくと、コンドームから膣内に精子が流れ出してしまう可能性があるためです。

その後は、精子のついたペニスが彼女の膣にくっつかないような態勢で、しばらく彼女と抱き合って余韻に浸れば良いと思います。「自分だけイッてしまって申し訳ないから、前戯の続きをしようか?」と彼女に声をかけてあげても良いかもしれません。

彼女が了承すれば、あらためて乳首やクリトリスを愛撫してあげましょう。

 

以上、初めてのセックスで注意したいことでした。少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

 

夫のブログ次回(【レビュー】TENGA VI-BO HAND BALL を使ってみた)

夫のブログ前回(【レビュー】TENGA(テンガ)MOOVA(ムーバ)を使ってみた)

 


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
オナホール2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。