はじめて♡セックスの基本的なコト (2)

書いた人: 妻

前回:「初めて♡セックスの基本的なコト (1)

 

 こんばんは、瑞谷です

 前回は「セックス前の心構えなどイロイロ」をお話しました。
 そこまで話し合ってから挑んだことなど無いよ! と思われる方も多かったのではないでしょうか。

 日本では、「恋愛をすればその延長線上にセックスがある」と思われていて(ロマンティック・ラブ)、俗的にはセックスをすることが当然のように受け止められている側面があります。

 反面、例えばティーンに対しては「まだしてはダメ」と言ったり、場合によっては二十歳くらいの子に対しても「責任が取れないから」と言ってみたり、ならばいくつになったらしていいの? というよくわからない矛盾をはらんでいたりもします。
 (社会人になったら責任が取れるから、と言うけれども、社会人だからと言ってきちんと子供を育てられる器か、経済力かなんてわからないですよね、会社って結構簡単に倒産したりするしね)

 さて、今日は「実際の現場で気を付けていきたいコト」です。

安全を確保しよう

 

 例えば、
「家に今誰もいない」は、本当に約束されているのか?
「ここには誰も来ない」は、本当なのか?
「どこからも見えない」は、自分で確認したのか?

 一人暮らしの家などでなければ、お若い方はホテルに行くなどしないと安心してセックスできる場所の確保が難しいことでしょう。かといってティーンが毎回ホテル代を用意できるかというとそれも難しいですよね。

 男性側はあまり気にされない人もいるかもしれませんが、例えば外でセックスをする場合女性側にとっては「ここであのコ達がこういうことしてた」という噂の多くは、なぜか「女性」の方に注目がいきます。

 そういうことに寛大なコミュニティなら大して問題はないと思いますが、中には性的なことをあげつらう文化が強いコミュニティもあることでしょうから、「自分は大丈夫」は「相手も大丈夫ではない可能性」を考えて行動される方が良いと思います。

 おうちの方が早く帰ってくる可能性も、相手にとっては親御さんへの「申し訳なさ」や「恥ずかしさ」「印象の悪さ」を強く感じるでしょうから、本当に大丈夫なのかよくよく確認してからの方がよろしいでしょう。

個人の情報拡散が簡単な時代だから

 先日も某大学で、机の上でセックスをしている所をガラス越しに撮影されている画像がtwitterに流れました。画像は瞬く間に拡散され、アップロードした当人はアカウントを変更したりクローズにしたりするも止まらず、画像と合わせておぼろげに大学名だけが広まっていくという状態になりました。

 おそらく当人たちは「教室は磨りガラスだから見えない」と考えていたのでしょう。しかし窓際ぎりぎりの机に女の子が乗り足を上げての正常位は、履いているソックスの透け感や靴のデザインがよくわかりましたし、男の子も着ているシャツの色、髪型がくっきり浮いていましたので、拡散された当初は大学内でも「あの子達じゃない?」と語られたのではないでしょうか。

 もちろんそれが平気な人もいます。
 でも、男の子も女の子も、何も思わない人の方が稀でしょう。

 そんなことがいちいち噂になって周りがとやかく言う文化というのは実にしょうもなくて、本当に私自身はどうだっていいと思っていますけれども、でもそういうコミュニティの文化はなかなか消えないし、そういう声を気にする人も沢山います。
 そしてこういうところから「ヤリマン」という蔑称が始まったりもします。人の口に戸は立てられないのです。本当に、バカバカしいことなのですが。

 

 過去の例として、本当に沢山ありました。
 上記の例よりも少し前には、東京の大学にて同じく教室内でセックスに及んでいた(ただし下着とシャツ着衣のまま、フェラか何かをしていた様子)二人をドアの影から撮影され、それが拡散し特定行動までに至ったという件がありました。

 古いお話では、ファイル共有ソフトを経由したウイスル感染にて「彼女とのセックス中に撮影した写真が他人に流出しそれがウェブにアップロードされた」件もありました。
 本人は「好きな子のそういう写真がほしい」という、言うなれば気軽な思いから写真をデジタルで撮影しそれを自分のパソコンに保存、そしてファイル共有ソフトとウイルス感染の結果、パソコン内に保存していた写真と仕事上のデータなどが流出という事態でした。
 ごく普通の生活を送り、普通に恋人同士をやっていたつもりがそんなことになり、女の子はもちろん、男性もその後の人生本当に大変だったようです。

 

 「セックスはみんながするコト」と言いながらも、このように面白半分で自分の意図しない所で拡散されるという可能性があるのが現代です。
 自分とパートナーを大切にする為にも、場所や状況をよく見極めてから挑みましょう。
 まあ、キス程度でやんややんや言う人はそうそう居ないとは思いますが……

 またデータに残る行為には十分に気を付けましょう。
 「ファイルがウェブに繋がるような状況にしなければいい」ではなく、「のカメラ(携帯電話)を失くすかもしれない可能性」も考えて行動しましょう。

身体を綺麗にする

 ごく当たり前のことですけれども……

 女性は特に「自分の性器についてをよく見ていない人」が多い様子ですので、初めてのセックスなのに自分のを見たことがないという方は、鏡を持って自分でよく観察してみて下さい。
 特に大陰唇を広げたワキの所、陰核(クリトリス)から小陰唇(いわゆるビラビラ)にかけてのフニャフニャした部分に汚れがよく付いていたりします。

赤く塗っている所に注意して綺麗にしよう!

 アンダーヘアのお手入れは、昔は線香が良いみたいなことを言われていました。ハサミで切ると先が先鋭になり下着からニョロニョロとはみ出るからとのことですが、下着の素材にもよりますので、あまり気にせず長過ぎるアンダーヘアはちょっとカットしておくと良いでしょう。

 気になる方は全体の形を整えられるといいと思います。海外の女性は当然のようにアンダーヘアの形状を整える文化があるそうなので……(生えっぱなしにしているのはどうやら日本くらいとのこと?)

 男性についてはあまり気にされる風潮が無いように思いますけれども、例えばフェラチオの時に毛がものすごく口の中に入ってツライ、コンドームに絡みまくるということもあるので、陰茎が剛毛で埋もれまくっているという場合にはお手入れしておいた方が無難かもしれません。

爪を切ろう。よこっちょの硬質化したとこにも注意

 男女共に、爪は短く切り揃え、きちんとやすりで角を丸く整えておきましょう。
 相手の身体や粘膜に触れるわけですから、相手の皮膚感覚は自分にはわからないわけで、意図していない所で好きな人にダメージを負わせる可能性があります。

 女性の皮膚は男性と比べて柔らかく、摩擦による耐性がとても少ないです
 ですので、手が荒れ気味の人は、ハンドケアをした方がいいでしょう。
 「少し手の平がガサガサしている」程度でも、その手で愛撫と称して撫でられ続ければそれがいくら好きな人の手でも「ヒリヒリ」に変わります。

 特に「爪の脇の皮膚が硬質化している人」「よく逆剥けができる人」は、その部分でひっかかりができる可能性があるので、日々のハンドクリームなどのお手入れを欠かさず綺麗にしておきましょう。

 自分の粘膜を自分で快適に触るというのは、自分の神経感覚があるから簡単です。
 しかし、相手の粘膜を相手が気持ちよく触るというのは、神経の情報が無いのでとてもとても難しいのです。
 その大前提として「その手で触っても痛くない」という状態にするのは、とてつもなく大切です。

初回は大概うまくいかない

 経験が無い・少ない男女のセックスというのは、大半はその人がそれまでに培った性的な情報の上に成り立ち、もちろん手探りの新しい行動になることでしょう。

 そしてそれは「男性がリードをして格好の付くセックスを用意し、女性はそれを受け入れる」みたいな価値観になっていないかな? とちょっとだけ心配しています。

 もし彼氏さんが童貞だったら、「頑張って格好の付く初セックスにしなければ…!」と意気込んでしまうかもしれないし、彼女さんは彼女さんで「カッコワルイ彼氏は見たくない」と思っているかもしれません。

 でも、そもそもセックスは二人ですることだし、そしてみんな初めてだし、したことないことを最初から上手くできるなんてありえないし、大体セックスなんて格好悪いことなんです。
 だって、誰にも見せない性器を見せながら、変な体勢になったり変な声出したり、気持ちよくなったり、そんなことをする行為なんですから、カッコイイわけがないんです。

 それに、オナニー以外のオーガズムを、他人の性器で迎えるって、そう簡単なことではないですよ。

 格好付かず終わってしまうかもしれない。なんか曖昧なまま「ごめんね」って謝り合って終わっちゃうかもしれない。でも、いいんです。だって、初めてなんだから。お互いが上手くできなかったんだから。

 誰のせいでも、誰の為でもない。セックスは自分のためにすることなんですから。

 

 予定では2回で終わるはずが、もう一回だけ続きます。
 次回も「実際の現場のお話」の予定です(´▽`)ノシ

 

前回:「はじめて♡セックスの基本的なコト (1)
次回:「はじめて♡セックスの基本的なコト (3)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。