生挿入と中出しの価値

書いた人: 妻

 こんばんは、いいセックスの後は寝落ちするに限りますね、瑞谷です

 世間の思う「生挿入・中出し」のメリットと、私たちの思うそれとはちょっと違うんじゃないかなあと思っています。

 中出しはさておき、生挿入に関しては「ピルを飲んでいるわけではないのだからしてはいけない…」と思いつつも、ついついしてしまうゆるい避妊カップルが、案外いるのではないかと思います。

 

 

 さて、私たちは現在ピル使用の夫婦です。その上でお互いパートナーとして信頼しているので、基本的にお互いがお互いを疑う余地はありません。そのあたりの信頼度は他人に説明しても理解頂けないと思うのでさておき、お互い性感染症もないので普段は基本生挿入の膣内射精です。

 という話を書くと、一部男性からは「いいなあ」という声が上がるでしょうか。これは偏見でしょうか。

 その「いいなあ」の理由って、具体的に何なのでしょうね。

 「生が気持ちいい幻想」? 生挿入なら、ぶっちゃけリスクはさておき案外ぱぱっとできちゃうものです。
 確かにコンドームの隔たり無しというのは、それがあるのと比べれば感触が全然違います。もちろん先走りにも精子が含まれる可能性はあるよとか、射精しそうになっちゃってすぐ抜去したつもりでもちょっと遅過ぎた可能性がーとか、色々あります。

 でもまあ、そんなこと言ってもみんなちょっとくらい…なんつってやっちゃってますよね、きっと。やっぱ生挿入だけなら案外体験しちゃってるカップルは多そう。

 「中出し気持ちよさそう」?
 気持ちよさそうかな?? どっちかというと「してやった感」だけのような。ミサンドリーチックに言うと「支配欲」っぽくてやーね

 確かにコンドームの感触と生挿入の感触では全然違います。
 やっぱり陰茎というのはよく出来ていて、ピストン時の海綿体への「付いてくる感(瑞谷的にはあの”ずるっとする感じ”はコンドームでは再現できないと思う)」、摩擦係数弾性係数がきっと違うので膣内への「フィット感」はやっぱり全然違うように思います。

 なので、今更コンドームでのセックスに戻れるかというと、ちょっと無理。イこうと思えばきっとイケるとは思いますが、オーガズム感が違うでしょう。
 それは単純に「全編生挿入とか気持ちいいに決まってるでしょ」というある種生挿入への憧れのそれとはちょっと違う、結果的に得られるオーガズムのクオリティが高まる、というか。

 膣内射精については、これまたスピリチュアル的な話になりますが、生挿入からの膣内射精で「気がめぐる」ような気がしていています。主に男性は吸われちゃってて、女性が潤っちゃうみたいな感覚です。
 普段は本当にこんなこと考えないんですが、ことにセックスに関してはそういうのがあるのではないかと割と本気で思っています。その結果オーガズムの度合いも変わってくるように感じています。

 それはさておき、単純に生挿入してるのにわざわざそのまま出さないって、なんというか後から出すのが面倒くさいとかで引っこ抜く場合?、落ち着いてオーガズムを迎えられないのでそれ以外の選択肢はないといった所。コンドームしながら膣外射精する慎重派はそうそういないでしょう。

 ダラダラと雑感を書いていますが、セックスのクオリティを上げていきたいという場合には、断然生挿入と膣内射精のできる環境をお勧めします。コンドームではその隔たりの問題と、それから摩擦感の違いからくる痛みなんかも問題になります。長時間の挿入になるとどうしても痛くなってしまいますので。

 方法としては、日本には現状ピルとミレーナしかないので、基本的にはピルをお勧めしたい所です(年齢によりますが)。

 膣外射精は実際避妊にはカウントしないとして、他の人とセックスをしている可能性がある場合、性感染症が移る可能性は否定できません。そういう場合はもちろんコンドームをはじめから付け、念のため検査にいきましょう。

 私たちのやっていることが、誰にも憧れられない、特別なことではなくなる日が来ることを本気で願っています。

 

本日の一言:中出しした後は割とめんどい


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
オナホール2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。