瑞谷LABO:中イキ可能なコンドームを探す【8/15更新】

書いた人: 妻

 こんばんは、瑞谷です

 瑞谷夫婦は基本的に科学的避妊、特に女性側が選択できる・月経をコントロールできるようなタイプを好んだ為、ごく初期のみコンドーム低用量ピルミニピル(個人輸入)、という流れでここまでやってきました。

 しかし、セックスをする人達皆が皆同じ方法を選ぶというわけではありません。それぞれポリシーがあり、選べる範囲の違いがあります。

 日本での主な避妊方法は現状コンドームから脱していません。
 でもそれは環境の問題だったり、知識や意識の問題だったり、関係性の問題だったりもして、避妊率を確保した上での「生挿入の環境」を得るということは、そんなにいうほど簡単なものでもありません。

 なぜ「中イキ=生挿入」を前提のように話しているか……については、過去の記事を見て頂くとしまして、コンドーム使用のセックスでは、男女共に大なり小なりの違和感があります。

 これは単純に「生よりも気持ちよくなくなる」というだけではなく、特に女性は「ゴム・ウレタンの摩擦によって痛みを感じる」という人もいます。

 ただ、中には男女とも「何も違いがない」という人もいるので、必ず生挿入の方が良いと言い切ることもできません。

そんなわけでできるだけ評価軸を考えよう

第一回は、以前使用した履歴のある「0.01mmコンドーム」を基準として評価軸を考えていきたいと思います。

夫記事:「【レビュー】薄いコンドームの使用感を比較してみた

 というわけでまず、以下の5項目を考えてみました。

素材

 具体的な素材名(0.01mmコンドームの場合、ポリウレタン)
 直接的な評価には繋がりませんが…

コストパフォーマンス

 一個あたりのコスト
(近所のドラッグストアやネット通販等から平均的な値をテキトーに算出)

長持ち度

 男性側の射精までの時間が、どれくらい長くなりそうか。
 基本的には「長持ち度≒厚み」になると思われます。

痛み誘因

 実際に痛くなったか、痛くなりそうな要因がありそうか

中イキ可能指数

 総合的な感覚として「イケそうかどうか」
 主観といえば主観なんですが…

オカモトゼロワン 0.01ミリ / サガミオリジナル0.01 ★★★★☆

素材 ポリウレタン
コストパフォーマンス ★☆☆☆☆
オカモト240~320円 / 1個
サガミ220~250円 / 1個
良いものはお高いですね
長持ち度 ★☆☆☆☆
薄さゆえに早漏の人にはツライかも…
もちろん生挿入よりはやや持ち感アリ
痛み誘因

★☆☆☆☆
表面の摩擦力が低い感触がある。生の感覚にとても近い(がもちろん同じではない)

中イキ可能指数 ★★★★☆

夫記事:「【レビュー】薄いコンドームの使用感を比較してみた」 …… ゼロワンとサガミオリジナルを比較しています

 どちらかというと私達夫婦では「サガミオリジナル」の方が感触的にはよかったかなーと話していました。

 しかしこの2アイテムのツラい所は、コスパ的にはキビシ~という所です……
 というわけで、次回はこちらふたつ以外の、期待できそうなコンドームを探す旅にワタクシ瑞谷、旅立ちたいと思いまっす

DMM : オカモトゼロワン 0.01mm
DMM : オカモトゼロワン 0.01mm ラージ
DMM : サガミオリジナル 0.01mm

オカモト ゼロツー 0.02 リアルフィット ★★★★☆-

2018/02/25追加

オカモト ゼロツー 0.02 リアルフィット 6個入り

 オカモトの0.02mmポリウレタンコンドームです。
 リアルフィットの名は、先端の精液溜まりを無くした形状からとのことです。

素材 ポリウレタン
コストパフォーマンス ★★★☆☆
100~120円 / 1個
長持ち度 ★★☆☆☆
やはり平均的なコンドームに比べると薄い為少し持ちにくいという感じ
生挿入と比べてしまうとどうしても格段に劣ってはいる
痛み誘因

★★☆☆☆
0.01mmに比べると多少引っ掛かりを感じるものの、身体が温まった状態であれば問題ない印象

中イキ可能指数 ★★★★☆-
ノリが悪い時には多少辛そうな感覚があるが、平均的なものよりも断然好印象

 0.01mmが0.02mmになっただけで、体温の感覚が全然違うなあと思いましたが、これはとても主観的かもとも思います。

 普段基本的に生挿入の生活なのでどうしてもそちらと比較してしまいますが、やはり厚みは単純に違いに繋がるな~という印象ですね。

DMM : オカモト ゼロツー0.02 リアルフィット

G PROJECT インスパイラルS ★★☆☆☆

2018/03/11追加

 

SPIRAL[インスパイラルS] 6個入り 設計上のウリは「人間工学に基づいたコンドーム」。
 実際には先端のフォルムが通常の平均的なドーム型ではなく、少しうねったような形状になっていて、おそらく亀頭にフィットするとかそんな感じだと思います。

 こちらはtwitterで知り合った方に「とにかくオススメ」と教えて貰って、とにかく試してみよう! と購入しました。

素材 天然ゴムラテックス
コストパフォーマンス ★★★☆☆
 148~154円 / 1個
長持ち度 ★★★★☆
 長持ちというよりも「厚いのですぐに萎える」
 普段生挿入の民にはちょっと辛い感触
痛み誘因

★★★☆☆
 全体的な摩擦はそれほど高くない(悪くない)、しかし先端の特殊設計部分が妙に引っ掛かったり、人の感想では逆に良かったりと、人それぞれフィット感が違う印象

中イキ可能指数 ★★☆☆☆
 よほど準備万端じゃないとちょっと難しい。

 厚みはどなたかの推定で0.04~0.05mmと書かれていた記憶があります。
 個包装には「裏表」というような表示も、「上下」という表示も特にありません。亀頭部分のねじれ感は、説明の画像だとそれぞれ方向があるように見えるのですが、特に表示がないのでそのままフツーに付けました。

 うちの夫チンコは可もなく不可もなく実寸も普通サイズだと思うのですが、実際に試せるようになるまで本当に苦労しました。挿入しても萎え、動かせずと結局4度目でなんとか。どうにも相性が悪い感じです。

 その原因は単純に厚みの問題もあったと思うのですが、おそらく亀頭部分の形態が逆にフィットしない(もしかして上下の向きでもあったのだろうか…)、めちゃくちゃ亀頭が大きい人でなければちょっと半端にアソビが出るような、そんな印象です。

 その部分もあって、先端の摩擦度合いが強くなってしまい、私側にも違和感があったりと、結局4度試して踏んだり蹴ったりでした。

 しかしよいという感想もとても多く、どうもチンコとの相性があるようです。
 カリ太チンコの人の感想を聞いてみたいトコロ。

DMM : インスパイラルS 
DMM : インスパイラルW Wの方は更に形状デザインが工夫されています
DMM : インスパイラルS+Wセット DMMではSとWのセットが用意されています

不二ラテックス SKYN ★★★★☆+

  海外では既に使われているらしかった「イソプレンラバー」採用の、その名も「SKYN(スキン)」。ポリウレタンともラテックスとも違う新素材で、厚みはというとそこまで薄い感じではないようです。

 こちらもまたtwitterでお友達に教えて頂きました(ありがたや!)
 2013年発売なので、決して新発売!というわけではないのですが、なんせ瑞谷夫婦は平時生挿入なので無知についてはお許しを……

素材 IR(イソプレンラバー)
コストパフォーマンス ★★★★☆
 90~140円 / 1個
長持ち度 ★★★★☆
 厚み自体は不二ラテックス専務のお話によると0.06mm程度とのこと。現行のコンドームと比べるとかなり厚い方と言えるが、感触が心地よくて「すごく鈍くなって持つ」という感じにはならない
痛み誘因

★☆☆☆☆
 すごく滑らか、しっとりとした感触で、普通のラテックスなどとは感触がそもそも違う。

中イキ可能指数 ★★★★☆
 ラテックスやポリウレタンの表面の感覚とは掛け離れていて、粘膜に近い感覚があり、押送時の変なひっかかりが少ない。

 夫婦で「これはすごい」と呟き合ったコンドームです。

 確かに厚いんです。
 でもそれは全然問題ではなく、本当にしっとりと吸着するというか、摩擦感が陰部の粘膜に少し似ています。

 ラテックスやポリウレタンだと、どうしても変に引っ掛かるような引っ張られるような違和感が出るのですが、SKYNには本当にそれがない。勃起時陰茎の表面が少し動いてズルっとするような感覚が少し感じられるというか。

 いやあ、SKYNすごいです、本当。もうこの企画これで終わりでいいのでは……!

DMM : SKYN premium 5個入り まずはこちらから
DMM : SKYN premium 10個入り
DMM : SKYN premium ラージ  ビッグな方はこちら

激ドット ロングプレイタイプ ★★☆☆☆+

 コンドーム界隈で大変有名なヒット商品「グラマラスバタフライ」の開発元、JEXのドット付コンドームです。

 トルネード状にドットが付けられていたり、内側にゼリーが塗布されていたりととても工夫されています。

素材 天然ゴムラテックス
コストパフォーマンス ★★★★☆
 80~130円 / 1個
長持ち度 ★★★★☆
 
痛み誘因

★★★★☆
 

中イキ可能指数 ★★☆☆☆
 

 すごく評価が難しいタイプだと思います。
 というか、ドット付というもの自体が、使い方によってどうにでもなる、というか。

 つまり女性側にとっては、充分に温まった(柔らかくなった)膣内であればその突起が良い方に影響する、逆に温まっていない状態であれば突起は痛み要因にしかならない……ということになると考えられます。

 そのブツブツでもって、温まっていなかった膣が良い方に転ぶという可能性は、その人の粘膜の強さによるとは思います。
 しかし実際問題、突起を感じる部分は大半が女性器外側でした、内側の影響はすごく少ない感覚でした。

 前戯までに充分温まった状態になれるカップルなら、「激ドット」はより強い刺激として使えるが、そうでないカップルが不足部分をドットに期待するのは少し難しい……というところでしょうか。


にほんブログ村 大人の生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。