日本で選択できる避妊方法 (2) 低用量ピルのこと

書いた人: 妻

前回「日本で選択できる避妊方法 (1)

 

 こんばんは、瑞谷です

 今日は低用量(混合)ピルについて、できるだけわかりやすく書いていきたいと思います。

 より詳しい情報については、ピルとのつきあい方というサイトがあります。
 管理のrurikoさんは日本の女性で、長年このサイトを運営し多くのピルユーザーの力になって下さいました、とても信頼できる方です。

 定番の逃げ口上ですけれども、瑞谷は医療関係者でもなんでもない、「よく勉強したピルユーザー」程度の人間ですので、勘違い、間違いにはご容赦ください。
 記述の仕方が下手で、実は間違っていてという場合の不利益については、私瑞谷は一切の責任を負いません事、ご了承ください。

 

 そんなよく勉強したピルユーザー程度の人間ですけれども、もし服用中のお悩み・疑問等ありましたら、コメント欄またはメールフォームにお書き下されば、私にわかる範囲でお答えさせて頂きます
 どうぞお気軽に書き込み下さいね。

ピルについての基本的なこと

 「ピル」は海外でも「ピル」と言います。語としては「錠剤」の総称ですが、英語でも「the pill」となります。

避妊の為に作られた

 ピルは避妊の為に開発されました。
 日本には「治療用」と称する、治療用として認可されたピルもありますが、そのような認可形態があるのは文字通り日本だけです。

現状でほぼ確実と言っていい精度の避妊ができる方法

 日本で選べる避妊法は、前エントリの通り決して多くはありません。
 海外には挙げた避妊法以外にも、週一回膣内に錠剤を入れるものや、注射タイプなどなど多数の種類が存在しますし、インプラント法も外からのスイッチオンオフができるものが開発されています。

 その中で、日本で比較的誰でも選ぶことができる、現状唯一と言ってもいい現代的避妊法は、ピルしかありません。

経血量が格段に減る

 生理中の出血量の多さに辛みを感じる女性は、きっと沢山いると思います。
 足の間から物理的に多量と言えるほどの血が流れる現象は、きっと男性には経験しがたいことでしょう。
 更に不快なのは、それを抑えておく為のナプキンやタンポンの使用です。
 月経中にはずっと足の間に生理用品を付けておかなければならない漏れてないかと心配をしながら生活を送らなければならない、これは経血量が多くなればなるほど鬱陶しい感覚です。

 この経血量が、服用することでとても少なくなります。
 飲む人自身の子宮内膜の厚さ、飲む種類、飲む年数によって前後しますが、基本的に飲み続けるほど子宮内膜が薄くなり経血量が減ります。

伴って月経痛・PMSが軽くなる

 経血量の減少に伴うように、月経痛などが緩和されます。
 二日目を中心に痛くて痛くて動けなかったような人も、服用することで「二日目だけちょろっと痛いかな」程度、人によってはほぼ気にならない程度まで痛みが少なくなります。個人差はありますが、全く変化が無い人はいません。

ピルは「人生の薬」

 男性にはピンとこないと思います。
 月経の煩わしさ、行動制限、それと一生付き合っていかなければならないという女性の人生……その末端にあるのは「妊娠する性である」ということ。

 それが負担だとは言いません。でもそれが調整できるというのなら、そんなに良いことはありません。

 ピルは基本的に避妊の為に飲まれます。それは大前提です。
 なぜなら、ピルには副作用が伴うからです。
 その副作用と避妊の効果を天秤に掛けた時避妊効果の方が勝るからピルは有意になるのです。

 その避妊に加え、月経の負荷が減るという副効果は、けっして副効果にとどまりません。

 日本は、この「副効果」の為だけに「治療薬」として、一部のピルが認可されているというわけです

 具体的には、月経困難症、子宮内膜症、月経前症候群(PMS)などに処方されます。(海外では子宮筋腫にも使われるものでしたが、日本ではなぜか真逆に禁忌とされた経緯があります)

 ですが実際には、避妊の為に飲むピルユーザーと、副効果の為に飲むピルユーザーとの間には、そんなに言うほどの境目がありません。
 なぜなら「副効果の為に飲むけれど避妊の効果があるから安心だわ」と思うユーザーは、沢山いるからです。(更にコンドームを使う人も沢山います)

 しかし逆に言えば、副効果の為だけに低用量ピルを服用するという場合には、リスクが勝ることがあります。治療目的として飲まれている方も、特に副作用については重々勉強しておくべきです。

低用量混合ピルの種類

 2017年現在の日本で処方してもらえる低用量・超低用量混合ピルについては、以下のようです。

  分類 / 世代 処方目的・避妊効果・備考
マーベロン 低用量 1相性 / 第3世代 避妊
ファボワール 低用量 1相性 / 第3世代 避妊
マーベロンのジェネリック版
トリキュラー 低用量 3相性 / 第2世代

避妊
この三種類は全く同じピル。
ラベフィーユは同成分のジェネリック版

アンジュ 低用量 3相性 / 第2世代
ラベフィーユ 低用量 3相性 / 第2世代
 シンフェーズ  低用量 3相性 / 第1世代  避妊
ヤーズ 超低用量 1相性 / 第4世代 PMS・内膜症等の治療(避妊は未認可)
ヤーズフレックス 超低用量 1相性 / 第4世代 PMS・内膜症等の治療(避妊は未認可)
ヤーズと同成分で実薬28錠になったもの。連続服用が目的
ルナベルLD 低用量 1相性 / 第1世代 月経困難症・内膜症等の治療(避妊は未認可)
フリウェルLD 低用量 1相性 / 第1世代 ルナベルLDのジェネリック版
ルナベルULD 超低用量 1相性 / 第1世代

月経困難症・内膜症等の治療
成分的には「避妊効果がある」と断言できない

オーソM / オーソ777 / トライディオール は販売中止になりました

 

世代とは

 ピルに使われているホルモンは世界で日々開発されてきたものです。それら開発された女性ホルモンをそれぞれ世代ごとに分類した呼称です。

相性とは

 「そうせい」と読みます。
 身体の状態によりホルモン値をそれぞれ変化させることで負荷を減らせないかという考えから、21日中をおおよそ序盤中盤終盤と分け成分調整されたものを「3相性」と呼びます。

 同じく前後に分かれた「2相性」のピルも存在します。

 「1相性」のピルは実薬すべて同成分になります。

 基本的には3相性のピルも、順番をバラバラに飲んだとしても避妊効果は持続します。
 ただしホルモン値のアップダウンにより不正出血が発生する可能性が高くなります。

実薬・偽薬とは

 低用量混合ピルは基本的に、21錠の連続服用→7日間の休薬期間のワンセット28日間で服用していきます。
(ヤーズについては実薬24日+休薬4日間と短くなります)

 避妊に必要な各種ホルモンが含まれた錠剤のことを「実薬」と呼びます。
 低用量混合ピルには、逆になにも入っていない錠剤が存在します。これを「偽薬」または「プラシボ」「プラセボ」「プラシーボ」等呼びます。

 偽薬はただの砂糖コートの錠剤です。その期間には服薬が不要だけれども、「飲まなくなると習慣を忘れそう」という所から偽薬が含まれています。ですのでこの錠剤は飲まなくても全く問題ありません。

 偽薬は実薬の後に休薬として飲みますので、必ずシートの一番最後に7錠(ヤーズは4錠)付いています。他とは色が違ったり大きさが違ったりの工夫がされています。

 製品には28錠セットと21錠セットの二種類が販売されているものがありますが、実薬は同じに21錠ですので多い方が得とかそんなことはありません。偽薬を飲む習慣がない人は、偽薬を捨てれば済む話なので、21錠シートを置いていない医院の方が多いです。

避妊できるのに避妊効果が書かれていない?

 ほぼすべてのピル関連薬剤は海外で開発されたものです。
 その海外では、上記の表にあるピルは大半が「避妊目的に作られた」ピルになります。

 その為、認可はされていませんが「ルナベルLD」「ヤーズ」も避妊効果が得られます。

 ただし「ルナベルULD」だけは、日本で開発され月経困難症治療の認可がされたルナベル錠であり、成分的には海外でも「避妊効果が確認されていない値」の超低用量のものですので、注意が必要です。(まったく避妊できないという感じではありません、とてつもなく妊娠しづらくなるレベルでしょう。でもそんなレベルではお話になりませんよね)

 ルナベル、ヤーズは基本的に治療目的で処方されるものですので、健康保険だと3割負担の金額になり、実費でおおよそ2,000円程度になります。
 一方その他の避妊用低用量混合ピルは2,000円~3,000円前後、全額実費で保険適用はありません(避妊についての薬剤・処置はすべて実費になります)

 ここから導けることは、ルナベル・ヤーズは保険分も含めると実際には6,600円ほどになる、ということですね。その7割が保険料から支払われています。薬剤についての価格は特殊なものも含めると上はキリがありませんが、日常的に服用し、かつ人生に必須である避妊薬が、ものすごく高価に設定されてしまっている……とも言えます。

低用量混合ピルで避妊ができるしくみ

 ピルで避妊ができる理由は、とても複雑です。
 一般の人の認識だと「脳に身体を妊娠中と思わせて妊娠しないようにする」みたいな感じでしょうか。

 これはまあ、四分の一くらいは合っています。

そもそも排卵させない

 低用量混合ピルは、とても強力な排卵を止める力があります。
 実際には、平時の女性のホルモンバランスはその状況によって変化させ、そのホルモンバランスによって排卵する、内膜を剥がす、内膜を厚くする、という指令を出しています。

 低用量混合ピルを服用すると、丁度平時の女性の「排卵直後」に近いバランスになり、排卵が不要な状態を脳に知らせます。

子宮内膜を薄くする

 生理が起こるのは「子宮内膜の取り換え」の為であり、その子宮内膜は「受精卵を受け止めてはぐくむ為」に存在します。

 しかしこの子宮内膜が、うっすいせんべい布団だと受精卵側も着床しづらいわけです。

子宮頚管の中がねばっこい

 同人誌の子宮描写ではたまに、子宮内にドバドバ精液が放出されるみたいな描き方がされていますが、実際には精液そのものは入口でシャットアウトされ、更に子宮の入口に降り立つ精子は僅かです。

 皆がエロ漫画で「子宮口」と呼んでいる先にはすぼまった管部分があり、そこを子宮頚管と呼んでいます。

 その管部分にある粘液が、子宮頚管粘液です。子宮の入口は基本的に液で塞がっており、精子はこの粘液を泳いで子宮内に入り込みます。排卵時期にはこの粘液が変化し、精子の移動を補助していると言われています。

 ピルを飲んでいると、この警官粘液の粘り気がとても強くなり、精子の移動を妨げます。

低用量混合ピルはシステム的には万全だが…

 万が一、飲み忘れをしてしまったという場合に、時折「すり抜け排卵」が発生します。
 これは人間誰しも、「時間を忘れてしまったり」「持ってくるのを忘れてしまったり」「つい違うことをしていたり」「イベントがあってイレギュラーな時間だったり」ということはありえますから、「忘れることが悪い事」とは言えません。
 常に毎日同じリズムで生活をする(できる)人は、ほぼ存在しないと思います。

 万が一飲み忘れても、残りふたつの「頚管ネバネバ」「内膜がせんべい布団」にて、受精・着床が回避できる可能性は高いです。しかし、あくまで可能性が高いというだけで、その時の状態によっては妊娠する可能性はもちろんゼロではありません。

 ですので、低用量混合ピルについては、残り二つは暫定的に無視して、あくまで「排卵をどれだけ抑制できるか」を基準にして、飲み忘れについて対応します

低用量混合ピルとコンドームの比較

 日本で選択できる避妊方法 (1) で、パールインデックスについてを書きました。

 パールインデックスとは、セックス一回の妊娠率を現した値ではないよ、一年間その避妊方法でセックスをした場合、100人中何人妊娠するか?の値だよ、というお話でした。

 日本でよく使われているコンドームと、一番現実的な現代的避妊法であろう低用量混合ピルの値を比較すると……

  一般的な使用 理想的な使用 一般価格
コンドーム 18 2 50~100円前後 / 個
低用量ピル(混合) 9 0.3 1,500~3,000円前後 / 月

※ 一般価格の範囲はよく観測される値の範囲で、実際にはこれより上の値段も下の値段もあります。またコンドームにはスタンダードなタイプとハイクオリティな付加価値のあるものとで値段が随分違います

 一般的な使用とは、その避妊法が初心者の人から、長年使っているベテランの人まで、すべてのケースを含んだうちの値ですので、理想的な使用よりも低くなっています。

 理想的な使用とは、いわばベテランの人が、更に「明確にミスをしたケース」を除いた値、という感じです。ピルの場合には「この日に飲み忘れたのでそれのせいだ」など。

 値だけを見ると、コンドームとピルの、「一般的」「理想的」な値の変化の差がとても大きい気がしますよね。(18/2 に対して 9/0.3 では、3.3倍もピルの方が低くなっている)

 これは、コンドームの物理的限界を意味しています。
 ピルは「上手く使いこなす」にはある程度の知識と対策が必要であるものの、可能な限りの対応をすれば「ほぼ完璧な避妊ができる」ということを意味します。これが科学的避妊物理的避妊の大きな差です。

 逆に言うと、コンドームの物理的限界はつまり、「いくら気を付けていても物理的な破損は一定確率で発生しえる」ということです。

 

 もちろんコンドームメーカーさんは、人の人生を担っているわけですから万全の製造管理でアイテムを世に送り出して下さっているのは間違いないです。
 けれども、どうしても物理的な破損というものは、どれだけ丁寧に扱おうと、どれだけ回数をこなそうと、必ず発生します。なぜならやはり、人間とは「エラーを出す生物」だからです。

 例えば、ただ「A地点からB地点までお皿5枚を運搬する」という仕事があったとして、それを全員が必ずミスをしないように毎回終えるには、どうすればいいでしょうか。
 普通に考えると、「絶対に躓かない」「絶対に手を滑らせない」は、ありえないのです。

 

 次回は、低用量ピルの具体的な飲み方について詳しく書いていきます。

17/10/22 冒頭の「基本的なこと」を追記しました

 

第一回「日本で選択できる避妊方法 (1)
次回「日本で選択できる避妊方法 (3) 低用量ピルの飲み方

参考:色々なピルを紹介していくよ (1)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。