オナニーのすすめ (1)

書いた人: 妻

 こんばんは、好きな映画は「SAW」と「羊たちの沈黙」「ハンニバル」です、瑞谷です
 血の流れない系映画では「グッド・ウィル・ハンティング」をいつも言っています。どれもいい映画です。

 どこのコラムでも書かれていることかとは思いますが、オナニー・自慰行為について改めてこのブログでも書いていきたいと思います。とても大事なことです。

 

 

 皆さんオナニーはされているでしょうか。
 男性の場合はほぼすべての方が、女性でもかなり多くの方がご経験おありかと思います
 オナニーは、とてもいいことです。ストレス・性欲の解消、精神の安定……
 アダルトグッズの典雅さんはオナニーのことを「セルフプレジャー」と呼ぶことを推奨して「なんだかいけないこと」のイメージを払拭しようとされていたり、大変好感が持てます。
 もし「してはいけないこと感」を持ちながらされているのであれば、決してそんな思いを抱く必要はありません。
 その思いを抱かれるようになった過程は色々あったかとは思いますが、それは単なる性嫌悪であり、言うなれば自分自身の否定であり、なんのメリットの欠片もないのです。

 オナニーは色々な面からとても良いことなのですが、それはすべてのオナニーに言えるというわけでもないのです。
 正しい情報を持たないまま偏ったオナニーを継続していれば、いずれ自身がセックスをすることになった時に足枷となる可能性もあります。それを後から修正するには途方もない労力と根気が必要になります。
 性癖云々はとりあえず置いておいて……

・強すぎる刺激
 女性の場合:圧迫する力が強過ぎる、何か物に押し付けるような場合その力が強過ぎる
 男性の場合:握る力が強過ぎる 特定の位置を強く握り過ぎてそこでないと達することができない

・強すぎる刺激の道具
 女性の場合:いわゆる「電マ」電動マッサージの刺激を直接使う
 男性の場合:極端な仕様のオナホールなど 尿道オナニー等通常のセックスでは行わない行為

・極端な体勢
 女性の場合:うつ伏せで強い力を入れる 強過ぎる足ピンオナニー
 男性の場合:いわゆる床オナ 床や布団などに陰茎を半ば押し付け押し潰すようなオナニー
 基本的には「ゆるゆる」「ぬるぬる」「焦らない」くらいがいいと思っています。とはいえ、一人暮らしでなければ時間を気にせず焦らないでオナニーにふけることは難しいかとは思いますけれども、それは各々できるだけ安心できる時間の確保に努めて、濃いオナニータイムを作っていって頂ければと思います。

「ゆるゆる」
 力を入れ過ぎない、常時早い動きで快感を得ようとしない

「ぬるぬる」
 男性は、場合によっては女性も、ローションを使ってされることをオススメします。特に男性はカウパーがあるもののそんなに言う程多くは出ないので、ローションでセックス時のヌルヌルさ、動作を再現するようなつもりでされるのが良いと思います。

「焦らない」
 エッチな動画や絵、漫画、小説、シチュエーション、諸々でオナニーの時間を楽しんで下さい。達することを目的にしてしまっては、追々早漏、遅漏の原因になります。女性の場合も強い刺激で早くイこうとする癖がついてしまい、セックスでイケない原因にもなり得ます。

 昔、AV女優のどなたかがおっしゃっていたことで、「イク手前が一番気持ちいい」という言葉をよく覚えています。
 ポルチオオーガズムなどはさておき、確かにこれは言い得ているなと私は思います。
 イク手前を楽しむ、イクまでの過程を楽しむ。
 セックスをどこかで想定しながら自分の快適なオナニーを構築する。たかがオナニーかもしれませんが、とてもとても大事なことです。

 知り合いにですが、何度もプロの方相手に挿入チャレンジをされた方がいらっしゃるのですが、結局挿入叶わず未だ童貞ということだそうです。その方は伺ってみますと、いわゆる床オナをされていたというお話でした。
 私の身近には床オナニーをしている人はいませんでしたので、これはあくまで私の想像なのですが、強い床オナニーになると「勃起した陰茎への刺激によるオーガズム」ではなく、「圧迫することで中の尿道を刺激してのオナニー」になっているのだと思われます。本人曰く「勃起してなくてもイケる」ということでしたので。
 その状態にまでなった陰茎を、そこから通常の状態に戻すとなると本当に大変な根気が必要だと思います。

 体勢については基本的には自由でいいと思います。
 椅子に座って、横になって仰向け、横向きなどなど。うつ伏せに関してだけは私はあまりしない方がいいかなとは思っています。
 そしてどの体勢でするにしても、一部の場所に極端に力を入れないこと。できるだけ脱力状態で、肝心な所でだけ力を入れたんでいいような全体像であることが好ましいと思います。一極集中で短時間オナニーをしようと思えば極端に足に力を入れないとイクことはできませんが、そうでない場合、ちゃんと過程を楽しんで行えばそんなに力まずとも達することはできます。


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
オナホール2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。