皆知ってると思うけどピストンの速度はAVと等速なんてありえない

書いた人: 妻

 こんばんは、最近はピアノが大人のおもちゃ瑞谷です

 皆さんもよくご存知かと思うのですが、アダルトビデオのセックスというのは、大変にエンターテイメント的で見た目華やか、女性向けのものもありますが、現状悲しいかな大半を占める「男性向けAV」の多くは「男性が抜けること重視」になってしまっていて、「リアルなセックスには参考にできない」点が多々あります。
 (女性向けAVはその点女性監督が多く、よく考えられているなあと思うのですが…)

 もちろん参考にできる部分もあると思います、そんな遊び思いつかなかった!みたいなことも、ないわけではありません。

 

 

 ただAV作品というのはやはり、見た目楽しませる為に作られているものなので、それと現実のセックスを混同することはなんともオサムイことになりかねません。「AVではこうだった」なんてセリフを言ってしまう男性、女性にはなりたくないものですね。

 そんな中でも、特にAVにおいて参考にしてはならない点があります。
 おそらく皆さんよくご存知であろう事柄ですが、それは「ピストン速度」。

 最新のAVなどのチェックは最近していませんが、今でも全般そうかとは思います、また方々のセックスコラムでも再三書かれてきたと思います、とにかくAVの押送速度は速すぎるのです。私も過去にtwitterで何度か書きました。

 具体的には、速い男優さんだと1秒間に4往復くらいはしてしまうでしょうか。あるいはもっと速いかもしれません。

 この速さで実際にピストンすると膣内はどうなるかというと、特にコンドームを装着時にはその摩擦力で膣壁がダメージを負い、マヒしているような感覚に陥ります。

もちろんすべての女性がそうなるとは言いません、そのくらいの方がいいとおっしゃる方もいるかもしれません。また快感の後半には速い方がイキやすいという方もいらっしゃるかもしれません。

 でも少なくとも、うまく気持ちよくなれないタイプだとか、あるいはスロースターターな体質だとか、およそ一般的な女性にとっては「高速ピストン」なんてものは「摩擦が強すぎる→負荷→膣内の麻痺(もしくは痛み)」のコンボで最早セックスなどどうでもよくなり「しんどいから早く終わって状態」になってしまいます。

 ならば、具体的にどのくらいの速度で動けばいいのか?

 これは好みの問題、体質の問題もあると思うのですが、「早い時で1秒に2往復、遅い時で1秒に1往復」くらいで充分ではないかと考えています。
 逆に言うと、そんなに早く動かなくとも女性がオーガズムを得ることはできるということです。

 私自身はどのくらいの速度で動いてもらっているかというと、恐らく中盤までは1秒に1.8往復前後、終盤オーガズム手前で1秒に0.8往復くらいの感覚かなと思います。

 オーガズムというのは何も押送の刺激だけで得られるものではなく複合的な要因からなるものなので、そもそもピストン無しでさえ達することだって場合によってはできるわけです。


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
オナホール2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。