早漏の治し方 ~肉体的要因から見た克服方法2~

書いた人: 夫

夫です。
前回に引き続き、今回も早漏について肉体的要因からみた治し方を書きたいと思います。

早漏の原因は『肉体的な要因』と『心理的な要因』の2つからなります。早漏の『肉体的な要因』をさらに2つに分解すると下記のようになります。

①ペニス(特に亀頭部分)が刺激に弱い
②オナニーにより早く射精する癖がついている

今回は ②オナニーにより早く射精する癖がついている という要因からみた早漏の克服方法です。単純に言えば、オナニーに時間をかけて、イクまでの時間を長くすればよいということになります。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

早漏の治し方 ~肉体的要因から見た克服方法1~

書いた人: 夫

夫です。

早漏はセックスにおける男性の悩みの中で、最も多いものではないでしょうか。「何分以内にイってしまったら早漏」といった具体的な定義はありませんが、それぞれの男性の中に最低限これくらいはイかずにセックスを継続したいというおおよその時間があると思います。パートナーから「私が満足するまではイかないで欲しい」という要望もあるかもしれません。

早漏をカッコ悪いと感じる男性も多いと思います。私もそうでした。そんな情けないような気持ちを抱えつつも、セックスをしたいという欲求もあり、どうしていいかわからずもやもやした思いを抱えることもありました。

しかし、早漏は正しく訓練すれば治すことができます。短期間で治せるものではありませんが、地道な努力によって克服することができるのです。

今回から3回にわたって早漏の治し方について書かせていただきます。

早漏の原因は『肉体的な要因』『心理的な要因』の2つからなります。早漏の『肉体的な要因』をさらに2つに分解すると下記のようになります。

①ペニス(特に亀頭部分)が刺激に弱い
②オナニーにより早く射精する癖がついている

今回のテーマは、①ペニス(特に亀頭部分)が刺激に弱い を克服する方法です。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

挿入からピストン運動、絶頂まで ~その2~

書いた人: 夫

夫です。

挿入からピストン運動、絶頂までについて、今回は一連の流れを追いながら注意したい点などを書いていきたいと思います。

前回の内容を踏まえて、全体を振り返ります。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

挿入からピストン運動、絶頂まで ~その1~

書いた人: 夫

夫です。
これまで5回にわたって前戯について書かせていただきました。今回以降は挿入からピストン運動、絶頂までについて書きます。

妻の記事に、女性の中イキやイッたふりの経験について行ったアンケート調査の結果が載っています。女性側がイッたふりをしているケースも想定すると、中イキできる女性は全体の4割にも満たないのではないかと思われます。

中イキできない原因としては、そもそも女性側が膣内で快感を得ることができないケースや、男性側が早漏のため女性がイクまで勃起を維持できないケースなど、問題は様々で、なおかつそれらの問題は一朝一夕で解決することが非常に困難です。

これらの問題についてどのように対処していくかということは別の回で触れることとして、挿入・ピストン運動を楽しめるカップルであることを前提に話を進めます。また、前戯によってお互いの身体は全身興奮状態になっているものとします。全身興奮状態については下記記事を参照して下さい。

良いセックスとは何か

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

前戯について~性感帯への刺激~

書いた人: 夫

夫です。

今回は前戯における性感帯への刺激について書きたいと思います。

前回前々回のブログの中で、興奮度が低い状態の前戯について書きました。そこでパートナーの興奮度をある程度高めることができれば、いよいよ性感帯への刺激へと入ります。前戯の中盤から終盤にあたります。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ

前戯について~感覚面からの考察その2~

書いた人: 夫

夫です。

前回のブログでは前戯について、「ぞくぞく」という感覚から書きました。今回は「じんじん」という感覚から考察したいと思います。

「じんじん」は寒い時に温かい手のひらで身体を触った時に感じる感覚を想像していただければと思います。この感覚は前回の「ぞくぞく」を補助するという位置づけになります。

続きを読む

にほんブログ村 大人の生活ブログへ