【レビュー・感想】TENGAのローション(PLAY GEL)3種類を比較してみた

書いた人: 夫

夫です。

今回はTENGA(テンガ)のローション(PLAY GEL)3種類を購入して比較してみましたので、そのレビューをさせていただきます。近年、ローションは本当に手軽に購入できるようになりました。20年ほど前は種類が少なく値段も高かったのですが、今は安くて種類も豊富です。

種類が豊富なだけに、購入する側も迷ってしまいますよね。今回の記事がローションを選ぶ時の目安になると幸いです。

まずは簡単な紹介

 

 

テンガから発売されているローション、TENGA PLAY GEL シリーズ。白、赤、黒の3種類があります。特徴としては下記のとおりです。

RICH AQUA / リッチアクア(白):もっちりとして濃厚
NATURAL WET / ナチュラルウェット(赤):水々しく自然な潤い
DIRECT FEEL / ダイレクトフィール(黒):べたつかず刺激くっきり

もっと簡単に特徴をイメージしてもらうと、ローションの粘度が 白>赤>黒 の順となっています。白がもっとも粘度が高く、黒はサラっとしているということですね。

今回はその使用感の比較が目的ですので、3種類とも購入してみました。

商品購入から自宅への到着まで

商品は毎度おなじみDMM.COMにて購入しました。DMM.COMは、下記のように送付状の表記内容を変更できますDMM.COM名で送付されてくることに不都合を感じられる方は、無難な表記名を選びましょう。なお、コンビニ受取を利用することも可能です。

注文してから9時間後に商品を発送した旨のメール連絡があり、注文から翌日に商品が到着しました。12時頃に注文して、同日21時に発送、翌日到着という流れです。いつもいつも商品が届くまで本当に迅速です。ありがとうございます。

送られてきたダンボールは60サイズで立方体に近い形のものでした。

 

そして中身を取り出します。

パッケージは清潔感にあふれ、スタイリッシュなデザインです。化粧品のような美しい見た目ですね。本当にアダルトグッズが手に取りやすい時代になりました。テンガさんありがとうございます。

フタ部分はこのようになっています。写真はナチュラルウェット(赤)のものですが、リッチアクア(白)、ダイレクトフィール(黒)も構造としては同じです。

 

使用する前に色々確認

さて、使用前に色々確認ですが、今回はローションですの確認することはほとんどありません。しかし、使用上の注意等がいくつかありましたので、載せておきます。

【保管方法】
常温で保管可能。高温多湿・直射日光を避ける。雑菌が混入した場合、腐敗することがあるため、開封後はなるべく早く使うこと。

【用途】
TENGAのオナホール用としても、セックスの際の円滑剤としても使える。

【人体に無害】
人体に害のない成分で作られており、口に入れても問題ない。人によって合わないケースもあるので、肌に異常などが見られた場合は使用をやめる。

オナニーに使う際はペニスにつけるし、セックスに使う際は膣内や口内につくことになりますので、人体に無害かという点は気になりますね。勿論、無害に作られています。

なお、どんな味がするのだろう?と思ってナチュラルウェット(赤)をなめてみましたが、ほとんど味はしませんでした。

さて、粘度の強さは 白>赤>黒 の順であると前述しましたが、文章で書かれただけでは実感がわかないかと思います。下記にそれぞれのローションを紙の上に注いでみた動画をアップしておきますのでご参考下さい。

RICH AQUA / リッチアクア(白):粘度

 

NATURAL WET / ナチュラルウェット(赤):粘度

 

DIRECT FEEL / ダイレクトフィール(黒):粘度

 

一番粘度の弱いDIRECT FEEL / ダイレクトフィール(黒)でもかなり粘性がありますね。ローションの役割を考えれば当然です。

最も粘度の強いRICH AQUA / リッチアクア(白)は紙の上に注いでみても、その形状をある程度の時間保ってるのが動画でおわかりいただけるかと思います。NATURAL WET / ナチュラルウェット(赤)は紙の上に注いだ時にその形状を保っていますが、すぐにのびています。DIRECT FEEL / ダイレクトフィール(黒)は紙の上に注がれた時点で既にのびていますね。これが粘性の違いになります。

実際に使ってみた結果

実際に使ってみた結果です。手で直接ペニスを刺激するのと、以前レビューしたTENGAのオナホール、TENGA FLIP 0を使ってペニスを刺激するのとに使ってみました。

RICH AQUA / リッチアクア(白):粘度

最も粘度の高いリッチアクアは、3つの中で一番刺激がマイルドですね。手やオナホールとペニスの間にローションの層が大きくできている感じがします。包み込むような刺激が好きな方にオススメです。

また、オナニーをしているとローションは乾いてくるものですが、リッチアクアが最も長い時間潤いを保っていました。

ただし、その分ベタつきが強いため、オナニー終了後の処理が大変です。シャワーで洗い流すのであれば他のローションと大差はないでしょうが、ウェットティッシュ等で拭き取った場合は明らかに差があります。拭き取って綺麗にするのは至難の業です。どうしてもベタつきが残ります。

NATURAL WET / ナチュラルウェット(赤):粘度

ナチュラルウェットはリッチアクアとダイレクトフィールのいい所と気になる所を半分ずつとったような形です。刺激はマイルドでありながら、くっきりした所もあり、ベタつきもアクア程ではありません。ウェットティッシュで拭き取るだけでもそれなりに綺麗にできます。

個人差はあるでしょうが、粘性としては女性の愛液に最も近いのではないでしょうか。ローション初心者の方は、まずはナチュラルウェットから入るのがいいかもしれません。それから好みにあわせて他のものを試してもいいかと思います。

DIRECT FEEL / ダイレクトフィール(黒):粘度

最もサラっとしているダイレクトフィールは、手やオナホールの刺激がくっきりと伝わってきます。擦られた時の刺激を強めでくっきりと感じたい方にオススメです。リッチアクア程の粘性はありませんが、ローションですので当然ぬるぬるの刺激も感じることができます。

またダイレクトフィールは粘性が弱い分、ベタつきが少なく、拭き取って綺麗にするのが他の2つに比べて簡単です。ウェットティッシュで十分綺麗になるかと思います。

早漏克服訓練にはリッチアクア(白):粘度

私が推奨している早漏を克服するためのオナニー方法は時間をかけて亀頭を中心にペニスを擦るというものですが、これにはリッチアクア(白)が最も適しています。

まず、リッチアクア(白)は長時間粘性を保っていられるため、時間をかけてオナニーをしてもローションが乾きにくいです。また、時間をかけてペニスを擦ると、ペニスを傷つけてしまうことがありますが、粘性が高い分、摩擦がマイルドになるため、ペニスを傷つけにくくなっています。

以上の理由から、早漏克服をするため、時間をかけて亀頭を中心に擦るオナニーをするのであればリッチアクア(白)をオススメします。

以上、TENGA PLAY GELシリーズのレビューでした。ご参考になれば幸いです。

 

DMM:TENGA PLAY GEL RICH AQUA / テンガ プレイジェル リッチアクア(白)(粘度
DMM:TENGA PLAY GEL NATURAL WET / テンガ プレイジェル ナチュラルウェット(赤)(粘度
DMM:TENGA PLAY GEL DIRECT FEEL / テンガ プレイジェル ダイレクトフィール(黒)(粘度

TENGA PLAY GEL RICH AQUA / テンガ プレイジェル リッチアクア(白)TENGA PLAY GEL NATURAL WET / テンガ プレイジェル ナチュラルウェット(赤)TENGA PLAY GEL DIRECT FEEL / テンガ プレイジェル ダイレクトフィール(黒)

 

夫のブログ次回(クンニとフェラチオのテクニックについて)

夫のブログ前回(セックスにおける男性のあえぎ声について)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。