【レビュー・感想】電マ(ピンクデンマ)を購入してみた

書いた人: 夫

夫です。

今回は女性向けアダルトグッズ、ピンクデンマ2プラスを購入してみましたので、そのレビューをさせていただきます。

電マは本来、肩や腰などをマッサージするために家電メーカーより販売されていたものです。しかし、その強烈な振動がアダルトグッズよりも気持ち良いということでオナニー用に使っていた女性もいたようです。アダルトビデオの中で頻繁に使用されるようになって一気にメジャーになりましたね。

今回購入したピンクデンマ2プラスは、オナニー用に開発された電マです。よって、家電メーカーから販売されている電マよりも、アダルトグッズとして様々配慮されています。

まずは簡単な紹介

 

 

SSI JAPANより販売されているピンクデンマ2プラス。振動の強弱を自由自在に設定できるという点が特徴です。また、ヘッドと本体をつなぐネック部分が柔軟性に富んでいるため、強く押し当てるように使ってもしなるように曲がるという特徴もあります。

そっとあてたい方や強く当てたい方など、様々な方のニーズに応えながらも丁度良いフィット感を出せるよう工夫されていますね。ヘッド部分はシリコンで作られており、感触も良いです。

またヘッド部分は生活防水仕様となっていますので、水洗いができ、汚れが気になった場合も安心です。常に清潔感を保っておくことができますね。

なお、SSI JAPANという会社の製品を初めて買ったのですが、どんな会社なのか調べてみた所、アダルトグッズ、化粧品、健康食品などを販売している会社でした。創業は平成12年で、設立から18年たっており、会社Web Siteの作りもしっかりしていますので、怪しい会社ということはなさそうです。今回購入したピンクデンマシリーズはこちらの会社のヒット商品ということですが、いずれ他の商品も試してみたいと思います。

商品購入から自宅への到着まで

商品はDMM.COMにて購入しました。DMM.COMは、下記のように送付状の表記内容を変更できますDMM.COM名で送付されてくることに不都合を感じられる方は、無難な表記名を選びましょう。なお、コンビニ受取を利用することも可能です。

 

注文日の夜に商品を発送した旨のメール連絡があり、注文から翌日に商品が到着しました。午前11時頃に注文して、同日21時頃に発送、翌日到着という流れです。いつも迅速に届けていただきありがとうございます。

送られてきたダンボールは60サイズのものでした。

 

そして中身を取り出します。簡素ですっきりとしたパッケージです。最近過剰梱包のものが気になるので、これくらいのパッケージングで十分です。パッケージには「絶対イカせるデンマ」と書かれています。凄い自信ですね。

使用する前に色々確認

さて、使用する前に色々確認です。パッケージからピンクデンマ2プラスを取り出しました。一般的な?電マの形ですね。ピンクと白で構成された優しいデザインです。縦の長さが20cm弱、太さが4.5cm程です。

 

丸いボタンが電源スイッチですね。このボタンを押すと電源ランプが青く光り、振動が始まります。そして電源を切る時は、電源スイッチを長押しするという仕組みです。

また電源が入っている際に電源スイッチを短く押すと、10種類の振動パターンに変化していきます。強くなったり弱くなったりをうねるように繰り返したり、ブー・ブー・ブーと小刻みに振動したり、さざなみのように非常に弱く滑らかに振動したりと様々です。

 

そして中央にあるダイアルを回すことで振動の強弱が調整できます。こちらのダイアルを下に回すと振動が強まり、上に回すと振動が弱まります。ダイアルによって非常に細かく振動の強弱が設定できるため、個々の好みにあわせることができますね。

ダイアルによる強弱と、電源スイッチを短く押すことで変化させる振動パターンによって、実に豊富なバリエーションを実現できることとなります。これだけの変化があればきっと自分に丁度良い振動パターンを発見できることでしょう。

また、ピンクデンマ2プラスの底部分に電池を入れるようになっています。単3電池が4本です。商品に電池は付属していないため、自分自身で用意しましょう。

ここでは詳しく書きませんが、電池の入れ方に少し気を使う必要があります。電池を正しく入れたと思ったにもかかわらず動作しない場合は、説明書を読みましょう。私も最初、説明書を見ずに電池を入れた所、動作しませんでした。しかし、説明書を読めばすぐにわかります。

実際に使ってみた結果

さて、実際に使ってみた結果です。勿論、私自身に使ったのではなく、妻に使ってもらいました。その感想です。

まず、過去にとある家電メーカーが販売している肩、腰マッサージ用の電マを妻に使ったことがあるのですが、一番弱いモードでも振動が強すぎて、妻としては全く気持ち良くなかったということがありました。妻は強い振動は苦手なようです。

その点、このピンクデンマ2プラスは振動の種類が3段階といったおおざっぱな設定ではなく、かなり弱い振動から強い振動まで微妙な調節が可能なため、弱めの設定で丁度良い所を見つけることができたようです。

また、10段階で振動パターンを変更できる点も良く、飽きずに使えそうだということでした。

実際に性感帯にあてるシリコン部分も感触が良かったとのことです。ただし、過去にレビューしたことがあるiroha FITに比べると感触はそこまで良くはありませんでした。しかし、ピンクデンマ2プラスは約2,000円という安さであることを考慮すると、十分であると思います。

手で持つ部分も握りやすく、ネック部分が柔軟性に富んでいて自分の丁度良いポイントにあてやすい点も良かったようです。

さすがアダルトグッズとして開発された電マだけあって、性感帯を刺激するためによく行き届いた商品です。

気になった点

気になった点として、少し重いため長時間手に持っているのは少し疲れるようです。手が疲れてきたら股の下に敷いてクリトリスに当てればよいのではないかということでした。

また、このピンクデンマ2プラスに限らず、電マというのは非常に強力な振動によって快感を与えてくれます。勿論、この強力な振動は人間の手で実現することはまず不可能です。よって、電マでイクことになれてしまうと、セックスでは非常にイキづらくなってしまう可能性があります。電マの使用は程々にした方が良いです。

電マの刺激は強烈なため、気をつけなければ女性を強制的にイカせてしまうようなこともあります。男性の皆さま、ご自身も味わったことがあると思いますが、まだ十分に興奮していないうちにイッてしまった時の虚しさは途方もないものです。快感は薄く短く、後には気だるさが残るだけで満足感がほとんどありません。

女性もまだしっかりと興奮していないうちにイカされると同じような状態になってしまいます。勿論、何度もイケるという女性で、電マですぐにイッてしまっても、その後に前戯やセックスを続けることで十分な満足感を得られるというのであれば問題ありません。

もしそうでないのであれば、電マでイカせる前に十分に前戯をして相手の女性の興奮を高めることを心がけましょう。

以上、ピンクデンマ2プラスでした。非常に良い商品で、女性のオナニー用にもセックス前にカップルで使う用でも、どちらも十分に楽しめると思います。是非一度お試しください。

DMM:ピンクデンマ2プラス

 

ピンクデンマ2プラス

 

夫のブログ次回(【レビュー・感想】TENGA FLIP 0(ZERO)(テンガ フリップ ゼロ))

夫のブログ前回(セックスの楽しさとセックスレスについて)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
大人のおもちゃ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。