TENGAオナホール DEEP THROAT CUP を購入してみた

書いた人: 夫

夫です。
TENGA(テンガ)のオナホール、 DEEP THROAT CUP(ディープスロートカップ)を購入しましたので、今回はその使用感についてレビューさせていただきたいと思います。

感想としては、この値段でこのクオリティのものが作れるのかという所に驚愕しました。TENGAさん凄いですね。

まずは簡単な紹介

 

 

TENGAから発売されているTENGA DEEP THROAT CUP。いわゆるオナホールというものですね。発売されてから結構時間がたっているため、既に使用してみた方も多いと思います。

私自身は若い頃に宿代わりによく利用していたビデオ試写室でオナホールを何度か使用した経験があるものの、TENGAのオナホールを使ったことはありませんでした。

TENGAのオナホールが出るまで、オナホールといえばかなりえげつない見た目で購入するのも憚られるようなデザインでした。しかし、TENGAのオナホールは非常に洗練されたデザインで、清潔感も感じられるのが良い所だと思います。

使用方法としては、この商品の底部分に穴が開いており、その中にペニスを挿入して楽しむということになります。中の空洞はペニスを気持ち良くするための色々な工夫が施されており、ローションが入ってぬるぬるの状態になっています。

商品購入から自宅への到着まで

商品はDMM.COMにて購入しました。DMM.COMでは送付状の表記内容を変更できます。DMM.COM名で送付されてくることに不都合を感じられる方は、無難な送付人名を選びましょう。

注文してから9時間30分後に発送した旨のメール連絡があり、翌日に商品が到着しました。お昼に注文して、その日の夜に発送、翌日到着という流れです。早かったです。

なお、今回私が注文したのは、TENGA DEEP THROAT CUPの3本セットです。送られてきたダンボールは手のひらよりやや大きい程度で、小さめのものでした。綺麗にパッケージングされており、清潔感に溢れています。    

 

なお、自宅に直接届くのはちょっと、、、、という方はコンビニ受取も利用できます。

使用するまでの流れ

まず、何故3本セットを買ったのかというと、それぞれの使用感をレビューするためということになります。黒がハードタイプ、赤がレギュラータイプ、白がソフトタイプとなっており、黒>赤>白という順で締め付けの強さに違いがあります。

使用するにあたって、まずはオナホールの底部分にあるビニール部分をミシン目に沿って取り外します。

    ↓

 

そして、中から出てきたプラスチック部分が回して取れるようになっていますので、これを取り外します。

中から穴が出てきましたね。ここにペニスを挿入するというわけです。「こんな狭い穴にペニスが入るわけねーだろ!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、この穴は伸縮するので大丈夫です。そしてローションが塗られているので挿入する際にひっかかって痛いということもありません。

また、挿入する前に頂部分に貼られているシールをはがしましょう。このシールをはがすことで空気口ができ、ペニスを挿入した際に中の空気が抜けるようになります。

使用手順について、画像は全てレギュラータイプ(赤)のものを掲載していますが、ハードタイプ(黒)もソフトタイプ(白)も使い方は全く同じです。

使用してみた感想

使用してみた感想としては「めちゃくちゃ気持ちいい」の一言に尽きます。凄いです。昔、ビデオ試写室で使用した無名メーカーのオナホールとは雲泥の差があります。中は程良いざらざら感があり、頂の空気口を指で押さえることで中の空気が抜けないようになるため、吸いつき感を出すこともできます。

中はローションがたっぷり入っているのですが、底部分はローションが垂れてこないよう、またローションがかわいてしまわないようにスポンジ素材で蓋がされており、本当によく工夫されています。

中に指も入れてみたのですが、たくさんのひだのようなものがあって、それらの感触としては「ぷるぷる」です。シリコンで作られているのだと思うのですが、非常に弾力性に富んでおり、「これで擦られたらそりゃ気持ちいいわ」という感じでした。中の構造は下記のようになっているそうです。正直説明を読んでもよくわかりませんが、凄そうだということだけわかりました。

3種類を試した結果、私の一番の好みはソフトタイプ(白)でした。ハードタイプ(黒)は正直締め付けがきつすぎて痛いくらいです。この締め付けでそう簡単にイカないようになると、セックスでイクのは難しいのではないかと思います。

レギュラータイプ(赤)の締め付けは痛いという程ではないのですが、ソフトタイプ(白)に比べると締め付けが強いため、中のぷるぷる感がそれ程感じられないといった所です。

勿論、人それぞれ好みがありペニスの形も違うため、最初は3本セットを購入してハード・レギュラー・ソフトを試してみて、自分が一番気持ち良いと思うものを愛用すれば良いと思います。

締め付け具合の参考までに申し上げておきますと、私のペニスサイズ(長さ、太さ)は日本人男性の平均と思っていただければ結構です。なお、商品のサイズは高さが18cmですので、それを超えるペニスサイズの方は根元まで入らないかと思います。

気になった所

まず、誰もが気になる所は、何回使えるのか?という点かと思います。使用した後によく洗ってローションを注ぎ込めば再利用が可能ではないかと思うのは自然な発想でしょう。しかし、TENGA商品ページの説明に「使用は1回限り」と書いていますので、商品の設計自体は使い捨てを想定しているようです。

1個あたりの商品価格が600円前後ですから、毎回のオナニーでTENGAオナホールを使用する場合、1カ月に10回オナニーすると仮定すると、月6,000円の出費となります。社会人的にはそれ程大きい出費ではないですが、学生の方だと厳しいですね。オナニーの頻度も上がりますからね。

また、ペニスを挿入してオナニーをしている時、空気口から「ぷしゅ~」と空気の抜ける音が出るのが若干気になる所です。ヘッドフォンをして動画などを見ながらオナニーをしている人はあまり気にならないかもしれません。

使用した後、少しペニスがひりひりした所も若干気になりました。いかに柔らかいシリコンといえども女性器に比べると摩擦係数は高いのでこれはしょうがない部分もあります。なお、私は色々試しながら40分程度擦っていたので少し時間が長めだったこともあるかもしれません。

早漏克服訓練に使える

TENGAオナホールは膣内の感触を良い感じに再現していると思います。女性側が十分に興奮していなければオナホールほど弾力性に富んだ感触にならないため、人によっては膣内の感触を超えているとおっしゃるかもしれません。

よって、TENGAオナホールを使用することにより、実際のセックスに近い環境でオナニーをすることができます。これは早漏克服の訓練に大いに役立つでしょう。TENGAオナホールで簡単にイカないようになれば、肉体的要因による早漏の原因は克服したも同然です。

私の早漏の治し方に関する記事では、ペニスにローションを塗って手で擦るオナニー方法を推奨していますが、これをオナホールに変えても全く問題ないでしょう。手がべたつかないのと、ローションがそれ程垂れてこない部分、より実際のセックスに近い環境でオナニーできる部分でオナホールの方がまさっていると言えます。

 

以上、TENGA DEEP THROAT CUP(ディープスロートカップ)のレビューでした。非常に良い商品ですので、興味のある方は購入してみて下さい。

DMM:TENGA DEEP THROAT CUP 3本セット
DMM:TENGA DEEP THROAT CUP レギュラータイプ
DMM:TENGA DEEP THROAT CUP ハードタイプ
DMM:TENGA DEEP THROAT CUP ソフトタイプ

 

 

夫のブログ次回(セックスの理想の時間と早漏の定義)

夫のブログ前回(期待していた程、気持ちよくなかった)


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
大人のおもちゃ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。